Encontre-nos nas redes sociais:

Instagram da IPGO

Use o sistema de busca.

卵子提供プログラム 日系女性無料治療

Home » IPGO Japão » 卵子提供プログラム 日系女性無料治療
Agende sua Consulta

Leia na hora certa - Use o leitor QR Code e armazene este assunto para ler diretamente em seu Smartphone

サンパウロ州産婦人科学インスティチュート生殖医療センター(IPGO)はただいま35歳までのアジア人女性に無料で体外受精(IVF)の治療を行っております。このプログラムに参加したい女性は、治療の際使われる自分の卵子の一分を提供されることを求められます。詳しくは メールアドレス mariana@ipgo.com.br または電話番号 55-11 3885-4333でお問い合わせください。

最新の研究の結果によりますと、世界人口の15%が不妊症に悩まされているということが分かりました。不妊症の原因として挙げられるのが卵巣機能低下の場合または卵子の質が低い場合です。しかし、卵子とは精子のように精子バンクなどがあまり存在しないのです。そういう場合での妊娠は体外受精(IVF)と卵子提供がないとできません。卵子提供者(エッグドナー)はいまだ少なく、こういったプログラムに治療で使われなかった自分の卵子を提供しながら参加して頂ける愛深い女性が必要とされております。

このようなプログラムのことを「卵子提供プログラム」といい、一度に二組のご夫婦に恩恵があります:卵子に問題があるご夫婦と、卵子を治療の際提供出来るご夫婦。この方法に依りますと二度体外受精(IVF)が行われる為、倫理的な問題も含み、適した医療手当てと心のケアーが必要とされます。

卵子提供者(エッグドナー)は35歳未満の女性に限り、過去に重い病気の経験がなく家系にも問題がない人でないといけません。その他、ドナーとレセプターの女性はほぼ同じ体系(身長、体重、髪質、目の色、血液型など)であることが望ましいとされます。

こうして、どちらのご夫婦もお子様に恵まれます。卵子を提供した女性もされた女性も同時に妊娠します。卵子提供者(エッグドナー)に採用される方は検査の結果に基づき治療を始める以前にその可能性のことを知らされます。この卵子提供プログラムに興味がおありの方はサンパウロ州産婦人科学インスティチュート生殖医療センター(IPGO)のマリアナまで メールアドレス mariana@ipgo.com.br または電話番号 55-11 3885-4333でお問い合わせください。

Comments

comments